Nagoya Japan MaxiCourse®

米国での認定資格取得のための
アメリカ口腔インプラント学会(AAID)認定講習会

AAID (アメリカ口腔インプラント学会)認定 Nagoya Japan MaxiCourse® 

日本で、唯一認定された米国のインプラント認定資格を得るための研修コースです。

・第7期・Nagoya Japan MaxiCourse®開講のお知らせ(定員10名)

Nagoya Japan MaxiCourseは、4つのパ-ツから成り立っています。計300時間
 (1)公益社団法人・日本口腔インプラント学会認定講習会(旧名:100時間コース)96時間
 (2)アドバンス補綴コース 48時間
 (3)アドバンスインプラントコース 96時間
 (4)Webinar (随時)60時間
 
 (1)が終了した時点で、日本口腔インプラント学会認定講習会(旧名100時間コース)を修了したことになります。

NJMCマキシコース第7期
重要事項: 2022年11月末までに、認定講習会(100時間コース)をすでに終了している先生のみ、2022年12月から始まるマキシコースに参加できます。
 まず、アドバンス補綴コースからスタートします。
第1回 :2022年 12月10日(土)・11日(日)
第2回:2023年 1月14日(土)・15日(日)
第3回:      2月18日(土)・19日(日)
第4回:     3月11日(土)・12日(日)

 土曜日:午後2時~午後7時 日曜日:午前9時00分~午後5時00分
****但し、過去に、すでに補綴コースを終了している先生は、スキップできます。****

上記に続いて、NJMCマキシコース第7期  (アドバンスインプラントコース)が始まります。

2023年4月8日(土)・9日(日)  アドバンスインプラントコース第1回
   5月13日(土)・14日(日)  アドバンスインプラントコース第2回
   6月10日(土)・11日(日)  アドバンスインプラントコース第3回
   7月8日(土)・9日(日)   アドバンスインプラントコース第4回
   8月5日(土)・6日(日)   アドバンスインプラントコース第5回
    9月2日(土)・3日(日)   アドバンスインプラントコース第6回
  10月14日(土)・15日(日)   アドバンスインプラントコース第7回
  11月11日(土)・12日(日)   アドバンスインプラントコース第8回

土曜日:午後2時~午後7時 日曜日:午前9時00分~午後5時00分

補綴コース、インプラントコースともに研修会費は、1回(土日2日間)につき10万円(消費税込み)
研修会当日、徴収します。銀行振込でも可能です。
(先に頂くことはしません。また、途中でやめるのもご自由です。)
土、日のいずれか1日の場合は、半額の5万円です。

重要事項*****マキシ第7期に参加希望の先生は、補綴コースの出席の有無にかかわらず、2022年9月までにお知らせください。
これは、AAIDにあらかじめ参加者名簿を送るためです。それ以後は、受け付け不可です。****


マキシ第6期 進行中
アドバンスインプラントコース
   2022年 8月6日(土)・7日(日)
       9月3日(土)・4日(日)
       10月1日(土)・2日(日)
       11月5日(土)・6日(日)


 愛知インプラントインスティチュート(旧名:愛知インプラントセンタ-)の300-hour MaxiCourse は、2015年5月にアメリカ口腔インプラント学会(AAID)により開催が許可されました。認定されたこのコースの名称は、Nagoya Japan MaxiCourse®となります。
  AAID : ( American Academy of Implant Dentistry ) http://www.aaid.com
 AAID(アメリカ口腔インプラント学会)は、世界で最初のインプラント歯科学の団体で、1951年の設立です。したがって、AAIDは、米国のインプラント専門医制度において、最も古く、なおかつ信頼されていると思います。
 このコースを修了すれば、Associate Fellow Memberの資格を取得するため、毎年12月初旬ごろに行われる PCを使ったマルチプルチョイスのWritten Examination(筆記試験)を、東京かあるいは大阪で受験できます。
 この筆記試験に合格すれば、まずAffiliate Associate Fellow Member の資格を取得できます。(申請・承認が必要。)
 したがって、筆記試験合格後は、通常、続いてOral Examination(口頭試問)を受験することになります。この口頭試問は、毎年5月初旬に米国・シカゴ市のアメリカ歯科医師会館(ADA)で実施されます。
 この際の注意点は、筆記試験合格後4年以内に口頭試問を受けなければなりません。言い換えれば、4年以内に合格しなければなりません。
 Oral Examination (口頭試問)に合格すれば、晴れてAssociate fellow になれます。
 なお、この口頭試問には、AAID側が用意した通訳をつけることができます。
 2022年の口頭試問は、コロナのためリモートで試験が行われました。
 つまり、アメリカに行くことなく日本で受験できました。来年以降についてはまだ、わかりません。コロナしだいでしょう。

(AAIDの認定資格について)
  AAIDの認定資格には、下記の3つのカテゴリーがあります。  
   1. Affiliate Associate Fellow Member
   2. Associate Fellow Member 
   3.  Fellow Member 

【申し込み方法】* E-メール、fax、電話にて申し込んでください。
* (氏名、住所、電話番号をお知らせ下さい。)
〒463-0073  名古屋市守山区守牧町13番地 堀田歯科内
    愛知インプラントインスティチュート 
    e-mail: hotta-dc@ff.iij4u.or.jp
    tel:052-792-5843(専用) 
    fax:052-792-3425



《筆頭講師》 堀田康記
     アメリカンボード認定(米国専門医認定機構)インプラント歯科専門医(Diplomate of ABOI/ID)
     アメリカ口腔インプラント学会指導医(Fellow of AAID)
     日本口腔インプラント学会指導医・専門医
     愛知インプラントインスティチュート(旧名:愛知インプラントセンタ-)施設長


《インストラクター・AII副施設長》
 伊藤幸司 (日本口腔インプラント学会指導医・専門医、アメリカ口腔インプラント学会フェロー
                                  (Fellow of AAID)
 小松晋一 (日本口腔インプラント学会専門医、アメリカ口腔インプラント学会アソシエートフェロー
                               (Associate fellow of AAID)
 斉藤貴司 (日本口腔インプラント学会指導医・専門医、アメリカ口腔インプラント学会フェロー
                                  (Fellow of AAID)


【NJMC 外来講師】

愛知学院大学・歯科理工学講座教授
             河合達志先生
              「インプラント材料学」

当会顧問弁護士
             池田桂子先生
             「インフォームド・コンセント,同意書、契約書 」

愛知学院大学・口腔病理学講座教授
             前田初彦先生 
             「インプラントと病理組織」

川崎医科大学救急科医長(講師)・日本救急医学会認定救急科専門医(医師) 
             堀田 敏弘 先生(医師)
             「救命救急講義・実習」

朝日大学歯学部歯科放射線学講座教授
             勝又 明敏 先生
             「口腔インプラント治療における画像診断の重要性」
                -CT検査の読像ポイント-

愛知学院大学歯学部高齢者歯科学講座
             口腔インプラント科教授
              村上 弘 先生
              「超高齢社会のインプラント治療」

公立陶生病院 歯科口腔外科部長
             神谷 祐二 先生
             「骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(ARONJ)について」

朝日大学歯学部口腔病態医療学講座インプラント学分野教授
             永原 國央 先生
             「口腔インプラント治療における骨増生」
               -現在の臨床と将来への展望-

松本歯科大学歯周病学講座教授
              吉成 伸夫 先生
             「安全なインプラント治療のための歯周病学」

愛知学院大学歯学部解剖学講座教授
             池田 やよい 先生
             「インプラント治療に必要な解剖学」

川崎医科大学救急科医長(講師)・日本救急医学会認定救急科専門医日本航空医療学会認定指導医師
             高橋 治郎 先生(医師)
             「周術期管理のminimum requirementsと臨床薬理」


実習予定インプラントシステム
Strawman・SPI・アンキロス・アストラ
*オペ見はJSOI認定講習会(100時間コース)の中で行います。但し、内容については、患者さんによりますので未定です。

 

【参加費】
   講習会費は、土日、一回で税込み10万円です。
   都合で、土または日のみの出席は、半分の5万円です。
   また、参加できなかった回は、次期のコースで参加できます。
   参加費は、事前に集めることはしません。
   当日徴収です。途中でやめるのもご自由です。

「材料・器具代」
豚顎:1500円×3顎=4500円(原価)
インプラント実習模型:17,000円(原価)
プロビジョナル実習材料代:8,960円(原価)
 30,460円+10%消費税
合計金額 33,506円 別途必要です。


【申し込み方法】
* E-メール、fax、電話、あるいはハガキにて申し込んでください。
* (氏名、住所、電話番号をお知らせ下さい。)
〒463-0073
名古屋市守山区守牧町13番地 堀田歯科内 
愛知インプラントインスティチュート
 e-mail: hotta-dc@ff.iij4u.or.jp
  tel:052-792-5843(専用)
  fax:052-792-3425

***このNagoya Japan MaxiCourseに出席される場合の注意事項。***
AAIDのMaxiCourseの出席者は、AAID本部で厳重に管理されます。
したがって、主催者はスタート時にMaxiCourseの参加者すべての名簿をAAID本部に提出しなくてはなりません。
また、マキシ参加者は、AAIDに入会が必要ですので、General Member fee の345ドルが必要となります。
Nagoya Japan MaxiCourseについてのご案内は、以上です。
御参加をお待ちしています。

 


下記は、NMCの過去も含めた講師陣です。
 
アメリカ人講師

アメリカ口腔インプラント学会(AAID)2017年会長
         Shankar Iyer, DDS,MDS

2015年2016年2017年


Shankar Iyer, DDS,MDS, Past President of AAID(2017),
American Academy of Implant Dentistry Fellow,
American Academy of Implant DentistryDiplomate,
American Board of Oral Implantology/Implant Dentistry
Clinical Asst Prof. Rutgers UniversityDirector Smile USA
私が大変お世話になったニューヨークの故チャールズ・ワイス先生の直系の先生です。インドで開催されているAAIDマキシコースのディレクターでもあります。 今回、Japan MaxiCourse開催にあたり、大変お世話になった先生です。感謝!!です。2017年、AAIDの会長でした。。

2016年

Richard A. Borgner,DDS
Richard A. Borgner, DDS, received a B.A. degree in chemistry in 1964 from Walsh University in northern Ohio. He graduated with a triple major in chemistry, mathematics, and biology. He attended graduate school at Akron University studying advanced inorganic chemistry and human genetics, before teaching high school chemistry, biology, and mathematics in Florida and Ohio. In 1968, he entered Case Western University School of Dentistry and received his dental degree in 1972.    After having placed his first dental implant in 1974, he has had a special interest in implant dentistry for nearly 40 years. He completed his post graduate training in oral implant reconstruction at Harvard University, Brookdale Medical Center (New York), and Medical College of Georgia (Augusta). Subsequently, he completed a four year hospital based residency in oral implantology through Loma Linda University. After completion of this program he became Clinical Director of the off campus hospital training programs.    He has been a member of numerous professional organizations, is a Diplomate of the American Board of Oral Implantology, and Honored Fellow of the American Academy of Implant Dentistry. Dr. Borgner was a member of the test construction committee for the American Academy of Implant Dentistry (AAID) whose responsibility was to construct the Associate Fellow and Fellow written exams. In addition, he was an examiner for the AAID Associate Fellow and Fellow oral exams for two consecutive three year terms.     Dr. Borgner, now retired from active practice, maintained an active restorative and surgical practice in Clearwater, Florida. He routinely gives seminars to other professionals in implant procedures, and has lectured at major meetings throughout the United States, Europe, Australia, India, Canada, and Russia. Dr. Borgner has published numerous articles on implant procedures and practice management in professional journals. He has carried out research on immediate loading of dental implants, the comparison of different graft materials for use in sinus augmentation, ant the efficacy of Platelet Rich Plasma (PRP) when added to allografts.

 

2015年

Alfred Duke Heller, DDS, Ms
Honored Fellow, American Academy of Implant DentistryDiplomate, American Board of Oral Implantology/Implant DentistryDirector, Midwest Implant InstitutePrivate practice limited to dental Implantology
AAIDの重鎮で大変有名な先生です。インプラント治療のみをする専門医の中の専門医です。

 

2015年

Jaime L. Lozada, DMD
LOMA LINDA UNIVERSITY Director, Graduate Programs, Restorative Dentistry, Oral Implant DentistryProfessor, Restorative DentistryMember, Implant Dentistry, SD, Faculty of Graduate Studies
アメリカの大学の中で、インプラント学のレジデントコースを最初に作ったカルフォルニアのロマリンダ大学のトップです。 大変有名な先生で、彼のもとで多くの日本人留学生が学んでいます。


2015年

Robert J. Miller, DDS, MA, FAAID, DABOI/ID
Fellow, American Academy of Implant DentistryDiplomate, American Board of Oral Implantology/Implant Dentistry Chair of Department of Oral Implantology, Atlantic Coast Dental Research Clinic
世界中を講演で飛び回っているドクターです。常に最新医療技術を取り入れています。彼には、AAIDのインドマキシコースで、同じ講師として何度も会っています。とにかく、スマートな臨床医です。

2015年

Dr. Bernee Dunson
Diplomate - American Board of Oral Implantology/ Implant DentistryHonored Fellow - American Academy of Implant Dentistrythe Chairman of Admissions & Credential Board in AAID
現在、アメリカ口腔インプラント学会認定委員会の委員長です。 指導医の資格授与式では、合格者の首に認定委員長としてメダルをかけています。“手術の魔術師”といわれたヒルトテータム先生の直系の先生と聞いています。


 

Nagoya MaxiCourse®
 The director (AAID fellow , Diplomate of ABOI/ID)
   Yasunori Hotta, DDS,PhD
      堀田康記

Associate directors
 Hiroshi Murakami, DDS,PhD
      村上 弘
  (愛知学院大学歯学部高齢者歯科学講座口腔インプラント科教授)

 Koji Ito, DDS, PhD  (AAID fellow)
      伊藤 幸司

 Komatsu Shinichi, DDS, PhD  (AAID associate fellow)
      小松 晋一

 Takashi Saito, DDS, PhD  (AAID fellow)
      斉藤 貴司